NEWS & TOPICS
新着情報とトピックス

フェア

2017年08月10日

SALEWAの魅力:今回は夢を実現したSALEWAという企業をご紹介します!

サレワとは

SALEWAとはイタリアの登山具メーカーですが、靴、ザック、ウエア、いずれをとってもとても魅力的なブランドです。それは製品だけでなく企業としてのあり方も大変存在感のあるものです。

一見は百聞にしかず。お時間のある方はこちらの動画をご覧ください! 

 

この動画はSALEWA本社の最も象徴的なSALEWACUBEと本社をドローンで空撮したものです。さてSALEWAとはどんな会社なのでしょうか。

欧州ではたくさんの魅力的なアウトドアブランドがある中で最も異彩を放っているブランド、それがSALEWAです。日本では知名度の低いSALEWAですが決して新しいブランドではありません。日本でも古くからの登山ファンはSALEWAのピッケルやザックを愛用してきました。この古くて新しいSALEWAに欧州の山岳関係者はこぞって一目(いちもく)置いています。もちろん彼らが薦める理由は単なるファッション性やブランドイメージによるものではありません。

※写真をクリックすると拡大します。

 1234

 

サレワをすすめる2つの理由

その1:「ドイツ生まれのイタリア育ち」

SALEWAはモノづくりにおいて技術力に優れたドイツからスタートし現在はデザイン力に優れるイタリアに本社を置いています。SALEWAというブランドの魅力はこの「ドイツ生まれのイタリア育ち」である生い立ちに起因していますこのドイツの技術力とイタリアのデザイン性、開発力の両方の良いところを兼ね備えたのがSALEWAなのです。

 

その2:Oberalpという会社の社風

サレワを支えるのはOberalp(オーバーアルプ)という企業ですがその本社は南チロルのボルツァーノにありドロミテの山々の入口にあります。ここがSALEWAの本社であり物流倉庫、配送センターでもあります。

驚くべきはその建物です。建築案のコンペが行われイタリアで有名な建築家グループCino Zucchi Architetti and Park Associatiのコンセプトが採用され2011年にその未来的な本部が建設されました。その外観は山並と田園風景を背景にしながら超近代的でありその容姿は見るものを圧倒するほどです

※写真をクリックすると拡大します。

13920428_577656952422756_2369433009147323005_o 13886926_577656895756095_6302243179021567518_n stringio (8) stringio (31) Oberalp_Headquarters_in_Bozen stringio (2) Edificio_Salewa stringio (10) 13932749_584769595044825_6199395711967343479_n

内部にあるショップではSALEWAのあらゆる商品を見ることができます。

r_A_544668 copy.jpg  A_544672_3_4_5_fused copy.jpg  DSC02941 copy.jpg  r_A_544680_ copy.jpg  r_A_544638_ copy.jpg

近代的なオフィスやエントランスホールはスタイリッシュなだけではなく機能的にも優れています。南側の3つの背の高いオフィスビルは3種類のグレーブルーの陰影を持つエレクトロカラーのマイクロ穿孔アルミニウム製の表面に覆われていてサンシェードスクリーンとして機能しています。周囲の山々と一体化した何学的形状を有する金属カバー上には、南に向かって大きなオーバーハングが広がっています。サイドは日陰を必要としない大型のガラスカバーで、周囲の風景を見渡せる素晴らしい景観を演出します。

※写真をクリックすると拡大します。

 14054167_584769591711492_6741210245571669759_n 14064031_584769588378159_2426217789372229349_n Salewa_Headquarters_4  stringio (28) stringio (1) 13962719_584769621711489_6587634042802446610_n Salewa_Headquarters_main stringio (25) stringio (27)

またSALEWAでは環境への取り組も考えられていて一部の屋根はソーラーパネルなっていて一部の電力をまかなっています。大きな倉庫の建物も、周囲の山のパノラマと調和するように、オフィースビルと同じ素材で覆われています。倉庫には製品番号を打ち込めば製品が自動化されたシステムによってボックスに集められる高機能な流通システムになっています。そしてすぐそばをハイウェイが走っていてヨーロッパ各地区へとつながっています。

下の動画はその倉庫と物流のシステムを紹介したものです。

しかしそれ以上に羨ましいのはその社風による施設です。オーナーはスタッフがいっしょに働いて快適だと思える環境を作りたいという思いから、まずは社内に保育所を、そしてスタッフの健康維持の為にジムやクライミングウォールも併設しました。保育所に関しては周辺の他の企業の人たちまで使用できるようになっています。レストランは野外テラスで食事ができBBQができるオープンな施設になっています。巨大なクライミングウォールは屋内のボルダリングエリアまで続いています。またクライミングウォールにはステージが併設されそこではパーティーが開かれたり、設置された大スクリーンでサッカーのワールドカップを大勢で観戦したりできるイベント会場にもなります。

※写真をクリックすると拡大します。

14067490_584769545044830_7877993779771469742_n  14079938_584769481711503_4841944424543455857_n13165995_10207958148424873_6096241904352598396_n Edificio_Salewa Salewa_Climbing_Wall_1,_Bolzano_Bozen,_Italy  Salewa_Headquarters_main 13938480_584769485044836_2572677792927079226_n  13925115_584769548378163_2914333134105715335_n Oberalp-Kitas

こんなところで仕事をしてみたい!と思わせる設備が満載ですが、その遊び心や家族主義的なところはIT企業のGoogleapple本社を連想させます。

※写真をクリックすると拡大します。

stringio (16) stringio (13)stringio (14) stringio (12) stringio (15)

如何だったでしょうか。グーグルマップで「SALEWA ITARY」と検索してみてください。そこにはSALEWA本社を訪れた人々の驚嘆のレビューが数多くの写真と共にアップされています。

もちろん、SALEWAの本来のフィールドはアウトドアでありインドアではありません。常に世界中の山々で様々なイベントもおこなわれています。

19510535_280685052405910_4214322198346736151_n 19511319_280685725739176_718444845386698655_n 

 

サレワの歴史

SALEWA1935年に西ドイツのミュンヘンに乗馬用の鞍を作る為協同組合の一部門として誕生。その後、スキーポールのストラップ、スキー金具のストラップなども生産。そして登山を愛する社員たちによって革製品だけでなくクランポン、カラビナ、ピッケルなどの生産もおこないクライミングギアのトップブランドとして発展。

その頃、イタリアにおいて登山用品の輸入販売をおこなっていた一族会社のOberalpがイタリアにおいてSALEWAの販売権を得て、1985年にSALEWAブランドでアウトドアウエアの企画と製造を開始。その後90年代後半にSALEWA経営危機に直面した際、ラインホルト・メスナーが後押ししたこともありこのOberalpが経営権を引き継ぐこととなった。この時に本社もドイツからイタリアのボルツァーノへと移転。現在ではDYNAFIT,POMOCAも傘下に入り、FISCHER,SPEEDO,SMITH,SPYDERなど他のスポーツブランドともパートナーシップを結んでいる。

※写真をクリックすると拡大、2度目のクリックでさらに拡大します。

story

※SALEWAのコンセプト:「aim higher」より高きゴールを目指せ!

※SALEWA名の由来:ミュンヘンの’Saddlers and Tapestry Handlers’社の取締役Joseph Liebhartが’Saddler and Leather Wares’の子会社として登録し”SALEWA GmbH”に。SA = Sattler (馬具製造業、英語ではSaddler)、LE = Leder (革、英語Leather)、WA = Waren (品物、Wareの複数形)を意味する

SALEWAのホームページ

 

 

マウンテン取扱い店舗

山の店

詳細はこちら

TEL03-3233-0103

京都店

詳細はこちら

TEL075-256-8028