NEWS & TOPICS
新着情報とトピックス

フェア

2014年09月04日

テント選びで悩んだらこれで決まり!!

PUROMONTE VLテントシリーズ

 

“いくつものテントメーカーがある中、どれを選べばいいのだろう?”

とお悩みの方へカンダハーがぜひオススメしたい山岳テント!

 

日本製・高い耐久性・簡単設営・軽量・コンパクト収納

こだわり抜いて作り上げたテント!

長くなりますが下記の説明文をご一読いただければ納得していただけるかと思います。

 

日本製のこだわり

  • VLシリーズテントは全て国内の関連工場で生産されています。その理由は、裁断、縫製が非常に難しい仕様になっていて海外では生産が難しいのです。特に生地を斜めに裁断する本体は、縫製時に伸びてしまい、微妙な調整と職人さんの技術が必要です。そういった細かい技術に対応できる生産工場は海外ではなかなか見つからないため日本の関連工場で一括管理、生産しています。

vl15

VLシリーズのポリエステル素材へのこだわり

  • 濡れた時でもすぐに乾く。

ポリエステルは他の繊維と比べ吸収率が低く、このことはテントが濡れてしまった場合でも水分を含みにくいため、重くなりにくいということになります。また水を含みにくいということは「その分乾きが早い」ということがいえます。
アウトドアでのテント設営時は晴天でも結露が発生し、テントは必ず水分を含んでしまいます。新品でいくら軽くてもフィールドで軽さを維持しなければ意味がありません。速乾性についても同様なことがいえます。
VLシリーズはアウトドアフィールドの使用を考え「重くならずにすぐ乾く繊維」であるポリエステルにこだわりました。

  • 紫外線劣化に強い
    ポリエステルは同じデニール数のナイロンと比べると紫外線劣化に強く、特にテントのように軽量化のために、細い糸で高密度に織られている生地ほど顕著に出ます、(劣化は糸の表面から始まるため、太い糸なら表面が劣化しても糸の内部まで劣化するまでの時間がかかりますが、糸が細いと表面が劣化した時点で内部自体が少ないのでかなりダメージを受けます。さらに、中空糸はさらにひどく表面が劣化した時点で、もともと中身がないので「劣化」という意味がきわめて弱いといえます)
    上記のように「初期強度よりも、耐久強度を重視する」という意味で、VLシリーズはポリエステルにこだわりました。

vl35

 

吊り下げ式テントのメリット

スリーブ式のようにポールを通す作業がないので強風時などに、テント本体をペグなどで固定してから設営することができます。また、ポールをセットする時に、ほとんど力が要らずに楽にセットできます。さらに、ポールをセットするフックはプロモンテオリジナルのスクリューフックを採用することで、どちらから風が吹いても想定内の風ならば外れることがなく、想定外の風でフックが破損しそうな時は、破損する前にスクリューフックが自ら回転し破損する前に外れるような構造になっています。また、通常の吊り下げ式テントにはフックが点でテントを支えるためどうしてもそこに荷重が集中していますが、VLシリーズは荷重分散メッシュ方式を採用することでストレスを点ではなく面で受けられるようにすることでテントの強度を上げています。

①出入口構造

②センターハブ

③DAC NSL 7001Sポール

④倒立スリーブ

⑤スクリューフック

 

VL Series 共通仕様

素 材

フライシート/20Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)、インナーテント/20Dポリエステルリップ(通気撥水加工)

グランドシート/30Dポリエステルタフタ(ポリウレタン防水加工)、ポール/DAC-7001S、張り綱/テクノーラ(アラミド)

付属品

収納袋、ペグ、張り綱、フライシート袋

 

size_vl15

size_vl25

size_vl35

 

このようにこだわり抜いて作り上げた日本の山にあった日本のテントを持っていきましょう!

長文ご一読ありがとうございます。

マウンテン取扱い店舗

山の店

詳細はこちら

TEL03-3233-0103

京都店

詳細はこちら

TEL075-256-8028